sasame アスリートカップウエスト


いよいよ当日。
昨夜、横山さんから話しかけてくださったり、由良浜の予行演習で小さいながらでも釣れてるし。
もしかして幸先良いのと違うんと、家内が言ってくれた事で心が少し暖かくなった。

さて本題ですが。
AM5時からの受付が、4時45分に早まって集合地点へ。
きょろきょろとしていると、投げ北のメンバーさんや、愛知県からのTOYOさん、
GWにお会いした佐藤さんも来られてて、ご挨拶を済ませ。
受付へ、抽選でゼッケンNO166。
キャップと封筒を頂き、中を見るとステッカーと思いきや、アスリートキスの仕掛けが入っていた。
心の中では、ステッカーが欲しかったのに〜。
ちゅ事で。
6時スタートに向けて、ゼッケンNO順に各々の目的地へ。
皆さんは、小天橋方面が先週良く釣れてたと言う情報をもとに
多くの方が入られていた。
そうとも知らず、私は性懲りも無くJCと同じ小天橋方面へと向かった。
たまたま、広めの間隔の場所を見つけ其処に入る事に
今回は8本針のアスリートキスの仕掛けを準備して
エサ付けや何やらで、下を向いている間に隙間を埋めるかのように
人が入って来て、結局間隔が狭くなっていた。
おまけに8本針の全長は長く結構投げにくいなって思いながら第1投、
少し右に行ったのでお隣さんにお声がけをしている間に
来ました、ブルブルって結構な良いアタリ!。


少し待って2連とか思いましたが、ここは欲張らずに慎重に巻き上げ
付いてますようにと、何と18cmのキスが、
やっぱ幸先良いやん 嫁の言う通りやん。それと朝一やん。
しかしその後、良いアタリは無く
波打ち際で小アタリのピンばかりなりにけり。
ただ向こう3軒両隣はあまり上がって無さげで、
もしかして俺って良いんと違うん。
小天橋方面 箱石方面

まあ取り合えず、9時10分の携帯アラームが鳴る迄、
ピンギスを釣る事に徹して、結果14尾の釣果であった。


9時30分の集合場所に行って見ると、JCの時とは大違いで大きいのやら凄い数やらで
皆さん笑顔だらけ、私もボウズではないので良いが
ピンギスが多いので、何か申し訳ないなって感じでした。
話に寄ると、何本針の仕掛けか分かりませんが、6連が2連ちゃんで来た方が居るとか。
優勝者は、何と51尾も上げられていた。
表彰式は、ややおふざけモードでしたがJCとはまた違う味わいの有る大会でした。
で飛び賞の時には、四季の釣りからササメの大物釣り師中本さんとリポーターの伊丹さん
のお二人が司会進行され、私は四季の釣り賞を頂いた。
実は私、昨年この2人の四季の釣りを見て、この大会に出てみたいと思ったのが
切っ掛け。
お話こそ出来なかったがお会いする事が出来て良かったです。


その後、最近良く釣れている泊まりの浜に行く事にした。
土曜日でもあるし釣れてる情報も有るので人混みで釣りにくいのかもと思いきや
先客は2名だったので、真ん中で取り合えず釣り開始。


ただ、所々に根が有るようなので時々根掛りするが、仕掛けや力糸共もって行かれる事も無く
良いアタリも有って十分に楽しめる浜でもある。ただ中々乗らないのが欲求不満!。

大きそうに見えますが、ただ単にドアップにしてるだけ15cm位が筆頭です。

午後からは12尾の釣果であった。
エサもそろそろ尽きそうなので、ここらにして明日に備えようと
何時もの宮津の駐車場に行き、晩ご飯と少しブログの書き込みをして就寝した。

続く。






スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

ササメ お疲れさま

今晩は 初めてコメントします 前にもコメントしたつもりが そちらへ届いていませんでした サイド挑戦してみました。

有難うございます

先日はお疲れ様でした、あの後はどうされたのですか?。
ご挨拶せずに、行ってしまいました。申し訳有りませんでした。
今後とも宜しく願いいたします。

こちらこそ

閉会式に参加せず 飛んでかえる人 まったりとおしゃべりする人 色々居られました 当方同じ鳥取県県人会の皆様と 6月27日のG杯の予定 作戦会議をしていました ご挨拶が出来なかったのが心残りです
又 丹後の浜でお会いしましょう。
 
帰り道 小ぎれいな浜がありました 5本針に5匹 素針無く40匹ほど お土産を確保しました

そうだったんですか

気が付けば皆さん何処に行かれたのかと、おもっていました。
結構皆さんお忙しいですね、大会が目白押しで。
私の大会は予定終了。
投げ北さんの秋祭り迄無いかもです。
また単独釣行で丹後方面うろうろとしますので、
宜しければ、ご一緒出来ればと思います。
G杯頑張って下さいね。