またまた、北近畿へ


今日は平日でしたが、休みで性懲りも無くまたまた北近畿に釣行しました。
今日は迷った、後が浜にするか天橋立にするか?。
GWに行った後が浜がボウズだったので、リベンジと情報収集を兼ねて行く事にした。
到着が7時過ぎ、既に釣り人が2名で1人はルアーマン、もう1人はキス釣り。
インタビューも何もせずそそくさと目的の釣り場に向かった、
前回とほぼ同じ場所に入り釣り開始。
今回から仕掛け巻の登場で、縺れる事も無くキャストの開始。


その内に、先客の釣り人が帰られ、私1人貸切状態。
アタリも貸切状態なら良いけど、何の反応もなく時間が過ぎて行くだけなので、
後が浜の川隣の浜に場所移動、


この浜も同じく反応無く、合わせて2時間半位で撤収した。
帰り際に、後が浜に釣り人が居られて話しかけると、もちろんアタリ無しの即答。
加古川から来られてて、境港方面に良く行かれるとか。
私と同じ青のプロサーフを 2本出されてた。4・5年前にここで良い思いをしたので、
毎年来るが今年はまだ駄目ですかね、と聞かれて
外海に面している所は遅れてるそうですよとお答えして、私は次の天橋立へと向かった。
何時も入る小天橋の先端、4〜5色位からサビクがアタリはなし方向を変えるもなし、
まさかと思い、波打ち際迄サビクと2色以内でようやくキスのアタリ。
丁寧に引き寄て見ると、何と針5本の内4本にキス他何か付いている、
15cm位のキスとハゼの赤ちゃん後の2つはタコの赤ちゃんが付いていた。


この後、2色位投げてマイクロピンを含む3尾と18cmのキュウセン1尾追加出来た。


途中キャストしながらぶらぶらと車に戻る事にしたが、
残念ながら錘と仕掛けを飛ばしてしまい、さっさと車に戻る事になった。
まあ次の獅子・矢原方面で、数の追加が望めるので期待をした。
到着後1投目にアタリが出て、
期待したがイソベラとアイナメの赤ちゃん*2の3尾目的魚ではないが、
幸先良く大漁かも…。
置き竿も準備して投げ返すがアタリすら無くなり、エサも残って戻って来る。
そうこうしてる間に、ゴロゴロゴロって鳴ったような気がする…、
暫くしてまた聞こえたような…、
雲行きも悪くなって来たので早い目に撤収準備を。
置竿から巻き初めて何やら付いている、よく見るとカレイの赤ちゃんが…
後5cm大きければお持ち帰りするのだが、このサイズではね?、
ちゅう事でお帰りを願った。

今日は、赤ちゃんがよく釣れる日だなあ〜。

その後、高浜の難波江に向かう予定が、うろうろしすぎて時間が無くなり
この裏側の探検をする事にした。
山を下る途中よさげな浜が幾つも有ったが、下りる道もなく徒歩も困難そうなので諦め、
島陰と言う所に着いた、近くに大きな砂浜が見えたので向かい、
ナビの地図で調べると越浜と書いてある。
見るからにキスが居そうな感じがするので、早速キャスト開始。
投げ返すがここも同じアタリすら無い、もうやけっぱち!
今月19日のアスリートカップに向けて、投げ練に変更。
風がアゲンストなので、フルキャストをしても飛距離は5色位だが
スピンパワーに早く慣れたい意味でも良い時間になった。
動画も撮ったが見せられる様な物ではありましぇ〜ん。
帰って投げ北さんのHPを観ると、キスは殆ど期待出来ず真鯛やチヌのノッコミ期と
しもり周りのアイナメとガシラ狙いも良いとか。
今日は、慌ただしく動き回って投げ返した割には貧果で有ったが、


やはり北近畿の海は綺麗で、のんびりと和ませてくれてるのでまた来たくなる。

ではまた。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント