クーラーボックス


大会から日が経ってしまいましたが続きです。
クーラーボックスに取り付けたサイドボックスに適当に錘やらを
入れて大会にのぞみました。
当日、ようやく釣り座を決めて準備に掛かった頃にもっと先端の方が良いよと
天の声、とぼとぼと先端の方まで歩きましたが、
やはり釣れる場所は先客も多く私なんぞ入る隙間も無く、
又元の場所に家内とハルを連れて行ったり来たり。
結局、一番最後迄ウロウロとしていました。
飲料水も入れて結構歩きましたが、無事に最後迄持ち取り合えずは良しと言う事で。

この写真が砂紋バスターと言う錘です。ご存知の方も居られると思います。
発砲スチロールで作られていますが結構丈夫に出来ていて、
今使っているのは100回程も投げていますが、全然大丈夫です。
この錘、さびく時に先端が浮き上がってくれるので、根掛りもしにくいように思いますし
海底への摩擦も錘の先端部分だけなので、巻き上げも軽やかです、
それに高速巻き上げをすると、ポッパーのように海面に浮き上がるので
途中で引っ掛ってバラシなども有りません。
ただキャスト時に、空気抵抗が有るのであまり飛距離は望めないようです。

今月は後半が忙しくなるので、前半に又もリベンジをするつもりです。
リベンジが又も投げ練にならぬように頑張るぞ、Oh〜。


スポンサーサイト

コメント

非公開コメント